プレゼンテーションを開始する

職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくにはGoogle Workspace の無料試用にお申し込みください

Google スライドのプレゼンテーションは全画面で表示できます。

全画面のプレゼンテーションは、パソコン、モバイル デバイス、または Chromecast や AirPlay を使ってテレビから操作できます。また、プレゼンテーション中にユーザーからの質問を受け付けることも可能です。 

プレゼンテーションを表示する

Google スライドでプレゼンテーションを全画面表示するには:

  1. Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 右上のスライドショー アイコン をクリックします。Google Chrome を使用してプレゼンテーションを表示するのがおすすめです。
  3. 現在のスライドから、プレゼンテーションが全画面で表示されます。スライドを切り替えるには、キーボードの矢印キーを使用するか、プレゼンテーション下部の矢印をクリックします。
  4. 全画面表示を終了するには、Esc キーを押します。

スピーカー ノート、スライドの自動表示などを使ってプレゼンテーションを表示する

スピーカー ノートがあるプレゼンテーションを表示する

  1. Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 右上のスライドショー の横にある下矢印 をクリックします。
  3. [プレゼンター表示] をクリックします。
  4. [スピーカー ノート] をクリックします。

スライドの自動表示機能を使う

次の場合にスライドが自動再生されるように設定できます。

  • 公開済みのプレゼンテーションへのリンクを誰かがクリックしたとき
  • ウェブサイトに埋め込まれている公開済みのプレゼンテーションを誰かが閲覧し始めたとき
  • 自分のプレゼンテーションを開始したとき
プレゼンテーション中に自動的に次のスライドに進む
  1. Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 右上のスライドショー アイコン をクリックします。
  3. 下部のその他アイコン 次の操作 [自動表示オプション] をクリックします。
  4. スライドの進行速度を選択します。
 
ヒント: 自動表示オプションは、プレゼンテーションを開始するたびに設定し直す必要があります。

公開済みのプレゼンテーションで自動的に次のスライドに進むようにする

重要:

  • 職場または学校を通じて Google スライドをご利用の場合は、組織内のユーザーとのみリンクを共有できます。
  • プレゼンテーションを公開すると、リンクを知っているユーザーなら誰でもプレゼンテーションを閲覧できるようになります。
  1. Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. [ファイル] 次の操作 [ウェブに公開] の順にクリックします。
  3. [リンク] または [埋め込む] を選択します。
  4. [スライドの自動表示] でスライドの切り替えのタイミングを選択します。
  5. [公開] 次の操作 [OK] の順にクリックします。
 
ヒント: プレゼンテーションに変更を加えたり、スライドを切り替えるタイミングを変更したりした場合は、新しいリンクをコピーする必要があります。

公開を停止する

  • Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  • [ファイル] 次の操作 [ウェブに公開] の順にクリックします。
  • 下部の [公開済みのコンテンツと設定] 次の操作 [公開停止] の順にクリックします。

 

プレゼンテーション中のその他の操作

プレゼンテーション中は、プレゼンテーション ウィンドウ下部のツールバーから次のような項目も選択できます。

  • リストから提示するスライドを選択する
  • [プレゼンター表示] を開く
  • レーザー ポインタをオンにする
  • プレゼンテーションを印刷する
  • プレゼンテーションを PDF または PPTX 形式でダウンロードする
プレゼンテーション モード キーボードショートカット

Windows のキーボード ショートカット

プレゼンテーションを停止 Esc
次へ ?
前へ ?
特定のスライドに移動(7 を押してから Enter キーを押すと、7 枚目のスライドに移動) 数字キーを押してから Enter キー
先頭のスライド Home
最後のスライド End
スピーカー ノートを開く S
ユーザーツールを開く A
レーザー ポインタの切り替え l
印刷 Ctrl+P
字幕の切り替え(英語のみ) Ctrl+Shift+C
全画面表示の切り替え F11
全面黒のスライドを表示 B
全面黒のスライドからプレゼンテーションに戻る どれかキーを押してください
全面白のスライドを表示 W
全面白のスライドからプレゼンテーションに戻る

どれかキーを押してください

Mac のキーボード ショートカット

プレゼンテーションを停止 Esc
次へ ?
前へ ?
特定のスライドに移動(7 を押してから Enter キーを押すと、7 枚目のスライドに移動) 数字キーを押してから Enter キー
先頭のスライド Home
最後のスライド End
スピーカーノートを開く S
ユーザーツールを開く A
レーザー ポインタの切り替え l
印刷 Apple Command Key⌘+P
字幕の切り替え(英語のみ) Apple Command Key⌘+shift+C
全画面表示の切り替え Apple Command Key⌘+shift+F
全面黒のスライドを表示 B
全面黒のスライドからプレゼンテーションに戻る どれかキーを押してください
全面白のスライドを表示 W
全面白のスライドからプレゼンテーションに戻る どれかキーを押してください

Chrome のキーボード ショートカット

プレゼンテーションを停止 Esc
次へ ?
前へ ?
特定のスライドに移動(7 を押してから Enter キーを押すと、7 枚目のスライドに移動) 数字キーを押してから Enter キー
先頭のスライド Home
最後のスライド End
スピーカーノートを開く S
ユーザーツールを開く A
レーザー ポインタの切り替え l
印刷 Ctrl+P
字幕の切り替え(英語のみ) Ctrl+Shift+C
全画面表示の切り替え F11
全面黒のスライドを表示 B
全面黒のスライドからプレゼンテーションに戻る どれかキーを押してください
全面白のスライドを表示 W
全面白のスライドからプレゼンテーションに戻る どれかキーを押してください

 

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false