共有を停止、制限、変更する

職場や学校で Google ドライブをさらにご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください

ファイルを共有した後で、いつでも共有を停止できます。共有相手がファイルを変更または共有できるようにするかどうかも管理できます。

ファイルの共有を停止する

重要:

  • 他のユーザーとファイルを共有している場合、オーナーおよび編集権限のあるユーザーであれば共有権限を変更してファイルを共有できます。
  • 他のユーザーがファイルに公開アクセスできないようにするには、ファイルの公開を停止します。
ファイルやフォルダの共有を停止する
  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかでファイルまたはフォルダを見つけます。
  2. ファイルまたはフォルダを開くか、選択します。
  3. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
  4. 共有を停止するユーザーを見つけます。
  5. 名前の右側にある下矢印 下 次の操作 [削除] をクリックします。
  6. 変更を保存するには、[保存] をクリックします。
ファイルやフォルダへの一般的なアクセスを制限する

アイテムの一般的なアクセスを [制限付き] に変更すると、そのファイルはファイルを開く権限のあるユーザーだけがアクセスできるようになります。

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかでファイルまたはフォルダを見つけます。
  2. ファイルまたはフォルダを開くか、選択します。
  3. [共有] または共有アイコン Share 次の操作 [リンクをコピー] をクリックします。
  4. [一般的なアクセス] で下矢印アイコン 下 をクリックします。
  5. [制限付き] を選択します。
  6. [完了] をクリックします。
共有ファイルを削除する

自分がオーナーになっている共有ファイルを削除すると、次のようになります。

  • 表示、コメント、編集の権限があるユーザーは、オーナーがファイルを完全に削除しない限り、そのファイルのコピーを作成できます。
  • ファイルを完全に削除するには、ゴミ箱でそのファイルをクリックし、完全に削除アイコン Delete forever をクリックします。詳しくは、ファイルの削除についての記事をご覧ください。

自分がオーナーになっていない共有ファイルを削除すると、次のようになります。

  • ファイルは自分のドライブから削除されますが、他の共同編集者は引き続きそのファイルにアクセスできます。
  • ファイルを元に戻すには、ファイルへのリンクを開き 次の操作 [ファイル] 次の操作 [マイドライブに追加] をクリックします。

ファイルの共有を制限する

他のユーザーがファイルをダウンロード、印刷、コピーできないようにする

ファイルの編集権限があるユーザーは、次のことができます。

  • ファイルを他のユーザーと共有する。
  • ファイルに対してユーザーの追加または削除を行う。
  • ファイルへのアクセス権限を変更する。
  • ファイルをコピー、印刷、ダウンロードする。

重要: この設定をフォルダに適用することはできませんが、フォルダ内の個々のファイルには適用できます。

閲覧者やコメント投稿者がファイルを印刷、コピー、ダウンロードできないようにするには:

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかでファイルまたはフォルダを見つけます。
  2. 制限するファイルを 1 つ以上選択します。
  3. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
  4. 上部にある設定アイコン 設定 をクリックします。
  5. [閲覧者と閲覧者(コメント可)に、ダウンロード、印刷、コピーの項目を表示する] チェックボックスをオフにします。

重要: Google ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド内での共有、印刷、ダウンロード、コピーは制限できますが、他のユーザーがその他の方法でファイルの内容を共有することまでは制限できません。

他のユーザーがファイルを共有できないようにする

ファイルを共有している場合、オーナーまたは編集権限のあるユーザーであれば権限を変更してファイルを共有できます。他のユーザーがファイルを共有できないようにする方法は次のとおりです。

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかのファイルを開きます。
  2. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
  3. 上部の設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [編集者は権限を変更して共有できます] チェックボックスをオフにします。

重要: 特定のフォルダを共有できないようにした場合、共有の制限はそのフォルダにのみ適用されます。このフォルダ内のファイルも共有できないようにするには、ファイルの設定を変更する必要があります。

職場や学校を通じて Google アカウントを取得した場合に可能な設定

ユーザーがファイルにアクセスできる期間を制限する

ファイルに有効期限を設定する

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかのファイルを開きます。
  2. [共有 ] をクリック 次に 一時的な権限を付与するユーザーを見つけます。
    • そのユーザーとまだファイルを共有していない場合は、ユーザーのメールアドレスを追加して、[送信] または [共有] をクリックします。ドキュメントの右上にある [共有] をもう一度クリックします。
  3. ユーザー名の横にある下矢印アイコン 下 次の操作 [一時的なアクセス権を付与する] をクリックします。
  4. [アクセスの有効期限] の横にある日付をクリックして有効期限を設定します。現在の日付から 1 年以内の日付を選択してください。
  5. [保存] をクリックします。

Google フォームの共有設定を変更する

Google フォームの場合、他の種類のファイルとは異なる共有設定があります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false
false