グラフにデータラベル、メモ、誤差範囲を追加する

職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくにはGoogle Workspace の無料試用にお申し込みください

データラベルを追加する

横棒グラフ、縦棒グラフ、散布図、面グラフ、折れ線グラフ、滝グラフ、ヒストグラム、円グラフにデータラベルを追加できます。グラフの種類の詳細については、こちらをご覧ください。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ次の操作 [系列] をクリックします。
  4. [データラベル] チェックボックスをオンにします。

ヒント: [位置] で、データラベルを棒の内側か外側のどちらに表示するかを選択できます。

データラベルを編集する

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ次の操作 [系列] をクリックします。
  4. データラベルをカスタマイズする場合は、フォント、スタイル、色、数値形式を変更できます。

ヒント: 個々のデータラベルを編集するには、テキストをダブルクリックします。

円グラフを作成する場合

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ] をクリックします。
  4. [円グラフ] をクリックします。
  5. [スライスのラベル] でいずれかを選択します。
積み上げグラフに合計データラベルを追加する

横棒グラフ、縦棒グラフ、面グラフに、積み上げデータの合計を示すラベルを追加できます。グラフの種類の詳細については、こちらをご覧ください。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3.  右側の [カスタマイズ次の操作 [系列] をクリックします。
  4. 省略可: [対象] で、ラベルを追加するデータ系列を選択します。
  5. [合計データラベル] をクリックします。
  6. 省略可: ラベルのフォントを変更します。

グラフにメモを追加する

データの傾向を説明するためのメモ(注釈)を追加できます。

メモを追加する前に: メモは、横棒グラフ、縦棒グラフ、散布図、面グラフ、折れ線グラフ、滝グラフに追加できます。グラフの種類の詳細については、こちらをご覧ください。

データポイントにメモを追加する

手順 1: テキストメモを追加する

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 各データポイントの右側の列に、テキストメモを追加します。

メモがグラフに表示されない場合は、手順 2 に進みます。

  • 列 A: 横軸のラベル
  • 列 B: 縦軸のデータポイント
  • 列 C: メモ
  A B C
1 曜日 販売数 メモ
2 月曜日 50 低収益
3 火曜日 100 オンライン クーポン発表

手順 2: ラベルを追加する

  1. メモを追加するグラフをダブルクリックします。
  2. 右側の [設定] をクリックします。
  3. [X 軸] のボックスで、その他アイコン その他 次の操作 [ラベルを追加].の順にクリックします。
  4. メモを付けるデータ範囲を入力します(「C2:C3」など)。
  5. [OK] をクリックします。
横軸にメモを追加する

手順 1: テキストメモを追加する

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. X 軸の列の右側に、メモを追加します。

メモがグラフに表示されない場合は、手順 2 に進みます。

  • 列 A: 横(X)軸のラベル
  • 列 B: メモ
  • 列 C: 各ラベルのデータポイント
  A B C
1 曜日 メモ 販売数
2 月曜日 低収益 50
3 火曜日 オンライン クーポン発表 100

手順 2: ラベルを追加する

  1. メモを追加するグラフをダブルクリックします。
  2. 右側の [設定] をクリックします。
  3. [系列] のボックスで、その他アイコン その他 次の操作 [ラベルを追加] の順にクリックします。
  4. メモを付けるデータ範囲を入力します(「B2:B3」など)。

誤差範囲を追加する

棒グラフまたは折れ線グラフには、定数値、特定のアイテムのパーセンテージ値、系列の標準偏差値のいずれかに基づいて誤差範囲を追加できます。タイプとして標準偏差値を選択した場合、誤差範囲は各項目の値ではなく、系列の平均を中心として表示されます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 編集パネルを開くには、グラフをダブルクリックしてください。
  3. [カスタマイズ次の操作 [系列] をクリックします。
  4. [誤差範囲] チェックボックスをオンにします。
  5. タイプと値を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false