Google スプレッドシートの新機能

Google スプレッドシートの最新情報をご確認ください。

2022 年 4 月

数式の候補を使って数式エラーを修正する

スプレッドシートのセルに数式を挿入すると、別の数式候補を提案するボックスが表示されることがあります。この候補を使用するかどうかはユーザーが選択できます。

詳しくは、数式の修正についてのブログ記事をご覧ください。

Google Meet を Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで使用する

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドから直接、次のことができます。

  • Google Meet のビデオ会議に参加する
  • Google Meet のビデオ会議で画面を共有する

詳しくは、Google ドキュメント エディタで Google Meet を使用する方法をご覧ください。

2022 年 3 月

Google スプレッドシートのセル数の上限が 2 倍に

Google スプレッドシートのセル数の上限が、500 万セルから 1, 000 万セルに引き上げられました。この上限は、新しいファイル、既存のファイル、読み込んだファイルに適用されます。

詳しくは、Google ドライブに保管可能なファイルをご覧ください。

2021 年 11 月

ユーザーチップを使用して関係者に関する詳細情報を確認

Google スプレッドシートにユーザーチップを直接追加できるようになりました。ユーザーチップを開くと、同僚や連絡先に関する詳細情報(勤務地や役職、連絡先情報など)を簡単に確認できます。

ユーザーチップを使用して次の操作も可能です。

  • ミーティングを予約する
  • チャットを開始する
  • メールを送信する
  • その他

この機能はすでに Google ドキュメントに実装されています。

ユーザーチップを挿入するには、次のいずれかを行います。

  • セルに「@」と入力します。
  • 上部にある [挿入] 次の操作 [ユーザーチップ] をクリックします。
  • 詳しくは、
スマートチップを挿入してユーザー、ファイル、日付、予定に関する情報を取得するをご覧ください。

新しい iOS キーボード ショートカット

iOS スプレッドシートで、さまざまな新しいキーボード ショートカットを使用できます。詳しくは、Google スプレッドシートのキーボード ショートカットをご覧ください。

2021 年 10 月

Google スプレッドシートのメニューの改善

Google スプレッドシートでよく使用する機能を見つけやすくするために、メニューを次のように更新しました。

  • 画面に合わせてメニューバーと右クリック メニューを短くし、メニューが画面外に隠れないようにしました。
  • 機能を追加し、よりわかりやすい場所に移動しました。たとえば、右クリック メニューで行や列を固定できるようになりました。
  • メニューの項目の説明を短くして、すぐに見つけられるようになりました。
  • 機能を見つけやすくするためにアイコンを追加しました。
  • すべてのメニューを変更しました。メニューには以下の項目が含まれます。
    • ファイル
    • 編集
    • 表示
    • 挿入
    • 表示形式
    • データ
    • ツール
    • 拡張機能
    • ヘルプ
    • ユーザー補助

2021 年 8 月

Google スプレッドシートに埋め込まれている Office ファイルを表示

ドキュメントで Microsoft Office ファイルを扱う際に、ドキュメントに埋め込まれている Office ファイルを表示できます。

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド

この機能で以下のことができます。

  • プレビュー モードでファイルを表示する
  • 埋め込まれているファイルを直接ドライブにコピーまたはダウンロードする

数式や関数をインテリジェントに提案

Google スプレッドシートでデータを扱う際、コンテキストに基づいた数式と関数の候補がインラインで順次表示されます。

数式の候補を使用して次のことができます。

  • 新しい数式を正確に記述する
  • 迅速かつ簡単にデータを分析する

スプレッドシートに数式を挿入する際にテキストを入力していくと、テキストに合わせて候補が自動的に表示されます。プルダウン メニューに候補が追加表示されます。

Google スプレッドシートでテーマの色をカスタマイズする方法

スプレッドシートとスライドでは、テーマの色を検索して選択できます。

テーマの色を選択するには:

  1. 任意のカラー選択ツールのプルダウンに移動し、テーマのカラーパレットの編集ボタンをクリックします。
  2. テーマの色のサイドバーで、プルダウンから色を選択します。
  3. 新しいテーマの色でコンテンツを編集できます。
重要: 色の変更は、現在選択しているテーマのみに適用されます。色を変更しても新しいテーマは作成されません。

ドライブで Microsoft Office のファイルをすばやく開く

共有リンクを作成すると、Google ドライブにある Microsoft Office のファイルを次のアプリで直接開くことができます。

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド

これまで、Office ファイルはプレビュー モードで開かれていましたが、編集モードでファイルを開いて、すぐに共同編集できるようになりました。詳しくは、ドライブにある Office ファイルを操作するをご覧ください。

スマート作成を使用して Google スライド、スプレッドシート、図形描画にコメントを追加する

スマート作成を使用すると、以下のアプリですばやく正確にコメントを入力できます。

  • スライド
  • スプレッドシート
  • 図形描画

詳しくは、スマート作成とスマート リプライを使用するをご覧ください。

2021 年 7 月

Google スプレッドシートの複数のシートに対して基本的な操作をまとめて実行する

複数のシートに対して基本的な操作をまとめて実行すると、Google スプレッドシートですばやく確実に作業できます。

複数のタブを選択して、結合、削除、複製、コピー、色付け、非表示といった操作が可能です。

詳しくは、シートを保護する、非表示にする、編集するをご覧ください。

Google Workspace Business Starter および Frontline のユーザーは、Google アカウントを持たないユーザーを招待して、ドライブのファイルやフォルダを共同編集できる

ビジターに PIN コードを送信して、次のアプリを使用したコンテンツの表示、コメント、編集を許可することができます。
  • ドライブ
  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド
  • サイト
  • 詳しくは、
ドキュメントをビジターと共有するをご覧ください。

2021 年 6 月

Google スプレッドシートでコメントに移動する新しい方法を確認する

Google スプレッドシートでは次のことができます。

  • サイドバーでコメントと会話スレッドを確認する。
  • フィルタを適用して、最も関連性の高いコメントを検索する。
  • コメント オーバーレイでコメント スレッドをざっと確認する。

詳しくは、コメントとアクション アイテムを使用するをご覧ください。

2021 年 5 月

Google Meet の会議に Google スプレッドシートを直接表示する

Google スプレッドシートを Google Meet の会議で表示できます。詳しくは、Google Meet でドキュメント、スプレッドシート、スライドの画面を直接共有するをご覧ください。

Google スプレッドシートで線や塗りつぶしをカスタマイズするオプションを確認する

グラフの系列と系列の項目で、線や塗りつぶしをカスタマイズするオプションが増えました。次の項目を変更できます。

  • 不透明度
  • 破線のスタイル
  • 線の太さ

棒グラフの系列では、枠線を付けたり、枠線のスタイルを設定したりできます。詳しくは、グラフを追加、編集するをご覧ください。

2021 年 4 月

コネクテッド シートで BigQuery データを分析するさまざまな方法を確認する

コネクテッド シートの使用時に BigQuery データを操作、表示、整理するさまざまな方法について、詳細をご確認ください。新機能と改善点は次のとおりです。
  • 列の統計情報
  • 値でフィルタ
  • ピボット テーブルの計算フィールド
  • ピボット テーブルのグループ化
  • スライサー
詳しくは、コネクテッド シートを使用して Google スプレッドシートで BigQuery データを分析、更新するをご覧ください。

2021 年 1 月

範囲名ボックスを使用して Google スプレッドシートでの移動を効率化する

範囲名ボックスを使用すると、Google スプレッドシートでアクティブなセルや範囲に移動できます。

詳しくは、セル範囲に名前を付けるをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false