Google スプレッドシートで Zendesk のデータをインポート、分析する

職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくにはGoogle Workspace の無料試用にお申し込みください

重要: このアドオンは英語でのみご利用いただけます。

アドオンを取得する

Google スプレッドシートで Zendesk のデータをインポートまたは分析するには、アドオンをダウンロードします。

手順 1: アドオンをダウンロードする

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [拡張機能] 次の操作 [アドオン] 次の操作 [アドオンを取得] をクリックします。
  3. 右上の検索バーで「Salesforce 用データコネクタ」を検索します。
  4. アドオンを選択し、[インストール] をクリックします。

手順 2: Zendesk に接続する

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [拡張機能] 次の操作 [Zendesk 用データコネクタ] 次の操作 [開く] をクリックします。
  3. Zendesk サブドメインを入力します(例: myCompany.zendesk.com の「myCompany」)。
  4. [承認] をクリックします。
  5. Zendesk アカウント(メールアドレスとパスワード)にログインし、[ログイン] をクリックします。
  6. アクセス権の詳細を確認し、[許可] をクリックします。
  7. スプレッドシートに戻ります。

Zendesk からデータを読み込む

データを読み込む

Google スプレッドシートで Zendesk からデータを取得します。

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [拡張機能] 次の操作 [Zendesk 用データコネクタ] 次の操作 [開く] をクリックします。
  3. 右側で次のいずれかのオプション選択します。
    • 検索: フィールドとフィルタ条件を選択して、Zendesk リソースに対してクエリを作成します
    • チケット: チケットを一覧表示します
    • 指標: 指標データを一覧表示します

データを更新する

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [拡張機能] 次の操作 [Zendesk 用データコネクタ] 次の操作[開く] をクリックします。
  3. 右側で次のいずれかのオプション選択します。
    • 読み込み: 以前に保存した検索を再実行します
    • 更新: スプレッドシートにすでにあるクエリ結果を更新します

重要: Google スプレッドシートでデータを変更しても、Zendesk に保存されているデータは変更されません。

スクリプトとアドオンの詳細

アドオンは Google 利用規約プライバシー ポリシーの対象となり、スクリプトまたはアドオンを使用するエンドユーザーに適用されます。

スクリプトとアドオンの詳細

アドオンは Google Apps Script 追加利用規約の対象となります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false